うそとほんとすなとねこ

風の向くまま気の向くまま、自称読書家が今まで読んだ本を羅列する程度のブログです。

【評論】ミシェル・ヴォヴェル『死の歴史』【長い】


どうもお久しぶりです、沙猫です。


さて、先日リメンバーミー評を書いた所評判がよろしかったようで、それこそ『レインツリーの国』の記事を抜くアクセス数。感謝の極みでございます。

調子に乗った沙猫は味を占めて、さっき話した「研究」の参考文献を紹介しようとするのです。何の研究かって?「死生観」ですよ。私、文学も読むけどカニバリズムとか生き死にとか宗教とか、身の毛もよだつタブーぎりぎりをせめてくるテーマについての本を読むのも好きなんです。

それでは聞いてください、ミシェル・ヴォヴェル『死の歴史』。


 先ずは私の思う死生観について聞いていただきたい。

 この世に生まれた人なら誰しも「死んだら人はどこへ行くのか」って事は気にすると思うんですよ。それに関しては誰もわからないから、皆いろいろな観念を持っているんです;消えてなくなるって言う人、新しい魂に即座に生まれ変わるって言う人、幽霊としてふわふわ浮かぶって言う人。

 この認識の食い違いが死後の世界を怖いものに見せるんです。だから沙猫は、そういう沢山の仮説を分析して、人が死んだ後に通るルートを導きだしたい。そうして死の不安と闘う人に「お前ら死んだらこうなるよ」と、怖がらなくてもいいと言いたいのです。


 この本は主に西洋世界での葬式と他界観の変遷について記しています。

 通して見ると、古代世界では死を忌避する風潮が、今ほど強くなかったように見えました。確かに親しい人の死はつらいものだけど、それは生命のなかで誰しも通る道だと受け入れていた、ように見えた。

 その空気が変わったのは、黒死病が14世紀に流行して、死がずっと身近になってから。

 苦しみながら布団に伏せって、死にながら生きているような人が増えました。体中黒い斑点でいっぱいにして、早く楽にしてくれと願う人。医学が発達した近代以降には、14世紀よりずっと病気の種類が見えて、死にながら生きる人を病院で頻繁に見るようになりました。

 葬儀屋が現れました。今まで教会の手を借りながら自分たちで死者を看取っていたけれど、病気の流行が酷くて教会だけじゃ追いつかなくなって、ついに専門業者の手を借りるに至りました。

 人々は家族との結びつきをより強めるように努めました。また流行病とか不慮の事故があったら自分もいつ死ぬかわからない、皆が畳の上で死ねるとは限らないって思い出したのです。だから遺言状や日記の習慣や、家族に覚えておいてもらえる事の大切さが芽生えはじめたのです。

 死にながら生きている時の事や、死んだ後の事を誰かに任せれば手間は減るけど、それでは何だか味気ない。遺族が淋しがったり、寧ろ淋しがってくれる人も居ない事が、つらい。だらだらと苦しくて孤独で書類仕事みたいに味気ないものに見えだしたから、死は皆があんまり話したくない事になったのでしょう。誰しも避けては通れないというのに。

 ここについては皆さんいろんなお考えをお持ちでしょうが、少なくとも私はこれを読んでこう考えました。


 最期に。いや、最後に。『死の歴史』で書かれた面白い死生観をご紹介しましょう。

 放浪の民族ジプシー(ロマともいいます)をご存じですか。彼らは死んだ仲間をなるべく早く忘れるようにしているのですよ、遺品を捨て、話題にも出さないで。

リメンバー・ミー」をご覧になった人ならご存じだと思いますが、あの映画で語られたメキシコの冥界には「生者の記憶から完璧に消えた死者は塵になる」という定めがございます。フィクションかもしれませんが、人間社会で死の影が濃くなったが故の哀しい定めです。

 この話と比べると、ジプシーの習俗はやや冷淡に感じられます。ですが土地から土地へと旅をしてきた民族にとっては、過去の悲しみをいつまでも引きずるよりは、記憶をリセットして新しい関係で上書きする方が幸せなのでしょうか……


死の歴史―死はどのように受けいれられてきたのか (「知の再発見」双書)

死の歴史―死はどのように受けいれられてきたのか (「知の再発見」双書)


自分が死んだ後の処置だけでなく、悲しみ方も、話し合っておくべきなのかもしれませんね。

次回もまた読んでください。

あやややーい!


リー・アンクリッチ (ディズニー/ピクサー)「リメンバー・ミー」後編

 どうも、沙猫です。

 ディズニー・ピクサーの最新作「リメンバー・ミー」ネタバレ感想文、いよいよ後半のネタバレパートです。前編(概要と美術面講評)はこちらのリンクから→(http://hontsandnyanko.hatenadiary.com/entry/2018/04/03/160000 )

 ここから先はもう見た人・アニメも骸骨も見るつもりなんか無えぜ、という人以外はご覧にならないでください。自己責任で。ネ。

 

 

 

 

 

 

 この映画に関しては、離れていても思い出は残るとか、アミーゴの為なら天も地も動かすとか、色々と皆さん感想をお寄せになっています。

 ですが言わせてください。アーティストはまさに命を燃やして表現する者なんだな、と。

 ヘクターさんと旧友のデラクルスさん、嘗て音楽で天下を取ろうとした二人の姿を見て言ったのです。二人の因縁とその顛末は、あまりにも酷く胸を締め付けた。

 

 

 私にも大好きなギター弾きがいます。でも友達に名前を言っても皆二言目には「誰それ知らない」。これを尋ねて「あぁ、あの人? かっこいいよね」が返ってくるミュージシャンになるには、まず相当なセンスが必要。それが足りない者は、定職につけなくても、惚れた異性やその子を養うには程遠くても、必死の努力で埋め合わせねばならないのです。

 

 全国ツアーに出た二人が立たされた道もそう。音楽活動を辞めて定職に就くか、安定を蹴ってでも芸術を極めるか――妻子の為に故郷へ戻ろうと決めたヘクターさんは、友の裏切りに愕然としたデラクルスさんに殺されてしまいます。

 バンドマンは早いうちに芽が出なきゃおしまいっていうけど……自分の命どころか、同胞まで燃やしてどうするんだよ。つれぇわ。

 

 更につらい事に、遺されたヘクターさんの奥さんは真相を知る事なく、死して尚、とうとうツアーから戻らなかった彼を恨んでいました。

彼女が劇中で十八番のメキシコ民謡「La llorona」を歌う場面がございます。この元ネタは、自分を置いて出て行った元彼と、彼との間に生まれた子を想い、泣く娘の亡霊の怪談。

映画制作陣の皮肉か、彼女が好きで歌ったのか。いずれにせよ、まったく罪作りな男です。

 

youtu.be

 

↑この歌が「La Llorona」です。スペイン語のわかる方もわからない方も是非。

 

 芸術と家庭の両方にいっぺんに命を捧ぐ事は(余程の金持ち以外)できない。

だからミゲル君が「貴方の玄孫です」と(思い込んで)言った時の、デラクルスさんの喜びは本物だったんでしょうね。家庭を捨て音楽に一生をかけ、死後も実家へ戻らないで毎年コンサートを開いていたから。(仮に彼に子孫がいるとしたら、別れた女性との間に子供がいたとか、そういう経緯かな)

 そんなアーティストとファンの一瞬の喜びが、デラクルスさんが前科持ちだったという悲劇的な事実を、いっそう濃く浮かび上がらせました。

 泣いたわ。デラクルスさんから見ても、ミゲル君から見てもさ。泣くわこんなん。

 

 

 言いたいことはまだ山ほどございますが、二部にわたる長丁場にお付き合いくださった事、そのお気持ちが骨身にしみます。

 音楽好きで頑張ってるインディーズの諸君! どうか孤独に負けないで、生きて良い歌をコツコツと世に出してください!  法だけは侵すなよ!

あやややーい!

【映画】リー・アンクリッチ(ディズニー/ピクサー)「リメンバー・ミー」前編

 どうも、沙猫です。
 先日、見に行った映画で柄にもなく号泣して……泣き疲れて帰るやいなや眠ってしまう始末。しかもアニメ映画で。
 もうおわかりですね、弊ブログ二度目の(とても長い)映画感想文でございます。
 それでは聞いてください、ディズニー&ピクサーリメンバー・ミー(Coco)」。

 名前は知ってても話をご存じない方もいらっしゃいましょう。まずはあらすじから。

 

 

主人公は、ミュージシャンを夢見る、ギターの天才少年ミゲル。しかし、厳格な《家族の掟》によって、ギターを弾くどころか音楽を聴くことすら禁じられていた…。ある日、ミゲルは古い家族写真をきっかけに、自分のひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャン、デラクルスではないかと推測。彼のお墓に忍び込み美しいギターを手にした、その瞬間──先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまった!

そこは、夢のように美しく、ガイコツたちが楽しく暮らすテーマパークのような世界。しかし、日の出までに元の世界に帰らないと、ミゲルの体は消え、永遠に家族と会えなくなってしまう…。唯一の頼りは、家族に会いたいと願う、陽気だけど孤独なガイコツのヘクター。だが、彼にも「生きている家族に忘れられると、死者の国からも存在が消える」という運命が待ち受けていた…。絶体絶命のふたりと家族をつなぐ唯一の鍵は、ミゲルが大好きな曲、“リメンバー・ミー”。不思議な力を秘めたこの曲が、時を超えていま奇跡を巻き起こす!

 (以上、https://www.disney.co.jp/movie/remember-me/about.html から引用、2018年4月3日アクセス)

 元々私は、アニメがそんなに好きじゃないんです。深夜系番組などもってのほかだし、某玩具物語とか某ユアネームだって、皿洗いしながらチラ見するくらい。
 でもこの度、ディズニーの甘い罠にまんまとかかってしまいました。
 骸骨 と 音楽 です。
 研究論文を書く程お化けに傾倒し、インディーズギタリストのライブと弦楽器のCDを常食にする私にとっちゃ、きっと最高の五感の保養。そう思ってつきあいの長いアミーゴを呼んで見にいってきた訳です。

 ここからは「リメンバー・ミー」の魅力に視覚芸術面・物語面と2記事に分けて迫りたいと思います。後者はネタバレを含むのでこれから見ようって人はこの記事だけで引き上げてね。
 
 まずは視覚的芸術面。
 ミゲル君が行った死者の国は、幾重にも市街地が積み重なって、暗い背景のなかに見るとランタンのよう。天国を目指す骸骨達の物見やぐらなのでしょうか。
 住民も皆魅力的です。骸骨は人体が遺せる、肉塊に隠された最後のアートだと思うのですが、ぱっと見じゃ個人どころか性別すらわかりにくいし、個性を出したいなら装身具や服を着せるか……くらいしないと。
それがここまで区別をつけられるとは思わなんだ。眼窩の奥の優しい目、悪戯者の目、厳しそうな目。そして頭蓋骨に書き足されたきらきら光る文様。
 骸骨だらけ(おまけに怪獣も!)の街といったら一部の人には阿鼻叫喚の地獄絵図だけど、顔つきや性格・人生が、骨にまでしみついているから、人間味を感じられるんでしょうな。
 よい子の皆! なるべく良いお顔で毎日過ごせよ! 火葬後の遺骨も良いお顔になるぞ!


後編はお待ちかねの物語面です。未鑑賞の皆さん、ネタバレと暴言のバーゲンセールですよ。お帰りになるなら今のうちですよ。

稲泉連『「本をつくる」という仕事』

こんにちは。古本屋でお気に入りの小説を安く買えてホクホクの沙猫です。


 それはそうと今回の本題へ。

 このブログをお読みになった皆さんの中で「本にかかわる仕事がしたい・したかった」とお思いになった方。貴方ですよ。どんな仕事を想像なさっていましたか。出版社とか、本屋さんとかでしょう。(はい、私もそうでした。)

そういう、本の「内面」を整えるだけじゃなくて、本の「外面」を作る仕事もあるんですよ――あまり私達が目を向けないだけで。

 それでは聞いてください、稲泉連『「本をつくる」という仕事』。


 あの凸版印刷さんが、オリジナルのフォント作りの為に奮闘した事があったって話、ご存じですか。活版印刷の元祖・ドイツで学んだ個人製本所の職人さんのお話、聞きたくありませんか。

 この本で紹介される8つの職業は、どれも「モノ」としての本の体裁を整える為の仕事です。製本会社や製紙会社、はたまた海外出版物と翻訳者の取次業者さん。勿論大事な「内面」を作る作家さん(角野栄子先生!)のインタビューも載っています。


 初めてこの本を読んだとき、見たこともない世界が開けたような気持になりました――会社に入って、毎日企画だ執筆だってだけじゃない、一筋縄ではいかない「本をつくる」仕事の世界。化学や工芸の「物」と向き合うまなざしが、本という「精神」を養う道具をつくろうとする、心地よい意外性。好きなモノへのアプローチって一つじゃないんだと教えてもらえました。

 私が興味を持ったのは個人製本所の職人さん・装幀家さん・個人活版印刷所の職人さんに関するお話です。どの方も、本の見栄えを左右する大事なお仕事についていらっしゃいます。

特に、ドイツで修行したという製本所の方のお話はとても興味深かった。ドイツの出版最大手ベルテルスマン(Bertelsmann)社の話は勿論、欧州で盛んだというオーダーメードのハードカバー本では、ついつい小鼻が膨らんでしまいました;古い活版で刷った中身のページを古書店で買って、製本屋でそいつに好きな柄のカバーをつけてもらうんです。大好きな本だったら、どうせなら外面のいいものを手元に置きたいですからな。すてきな試みです。


 結論なんですけど、思うに、紙の本を買う事には昨今「特別感」が求められているんじゃないでしょうか。

 私達は今、非常に本をタダ読みしやすい環境にいます。今はネットにつなげれば昔の本なら「青空文庫」で、アマチュア作家の小説なら「なろう」だとか「カクヨム」ですぐ見られます。アナログ方面に目を向ければ、図書館で手軽に紙の本を借りられます。ちょっといけないけど本屋で立ち読みだって。

 こうしたサービスもあって、私のように「本は借りる専! 買わん!」っていう人もいることでしょう。そういう人の心を動かす本を作った者の勝ちなんです。今の世の中は。

 内容だけじゃない、表紙のデザインや紙の手触り、何よりすぐ取り出して好きな一節を読めること……そういう贈り物にもなりうる本でなくてはならんのですよ。作り手から読み手への、とっておきの贈り物に。



 有り難うございました。

 いつか私の「とっておきの贈り物」について書きたいものです。

三谷幸喜「清須会議」【映画】

どうも、沙猫です。
今日はこないだの予告通り、私が最近見て気に入った映画について語ろうと思います。皆ご存じな、こぢんまりとした楽しいやつですよ。

それでは聞いてください、三谷幸喜清須会議」。

 

この映画は、コメディ映画監督の三谷幸喜氏が手掛けた、同名の歴史小説を下敷きにしたものです。

 織田信長とその長男・信忠が本能寺の変で没し、家臣団は彼の後継者探しで大わらわ。筆頭家老の柴田勝家(演:役所広司)は三男の信孝を、羽柴秀吉(演:大泉洋)は次男の信勝を推薦し、我こそがその後見人に(という名目で政権を握ろう)と立候補します。根回しや討論にもぬかりなく、双方一歩も譲りません。

 だがしかし、信孝は気位が高く、信勝は欠伸が出る程のバカ殿。

 更に会議には、信長の妹・お市の方(演:鈴木京香)や乳兄弟の池田恒興(演:佐藤浩市)、信忠の妻である松姫(演:剛力彩芽)の思惑も加わって……

 

 

 

以下、沙猫の独自研究とネタバレです。学校のレポートにこいつを使おうとしてる人、これからデーブイデーを見ようとしてる人、逃げるなら今の内ですよ。

 

 

 

 清須会議は、日本で初めて歴史を動かした「会議」だといわれています。確かに、賄賂お土産を関係者に渡したり、宴会を開いて部下の信用を得たり、現代の「会議あるある」に通じるものがありますね。まさか安土桃山時代に現代語はなかったと思うけど……

 

 前に私は弊ブログで『レインツリーの国』を、コミュニケーション小説だと申しました。この『清須会議』とてコミュニケーション小説といって差し支えないでしょう。「戦い」よりも効率よく自分の道理を通す、突然の緊急事態が生んだ、知略と話術の「闘い」。まさに言葉のドッジボール

 

 作中、洋泉さん演じる秀吉は言いました。

 

  柴田くん、こいつは君ひとりのプライドの問題じゃないぞぉ、わかるかい。こいつはだね、天下を治める「正当な織田家の後継者」を探すためのもんなんだよ。

  力云々で全てを決める時代は終わったんだって、ボカァ真剣に言ってんだよ。

※こんな話し方はしていません

 

 ……そう、これはそもそも織田家の存続をかけた大問題。信長が死んで落ち着かない今、仲間割れして事を荒立てる暇はございません。前提条件の「血統」を無視して、誰が有能かで跡継ぎを決めるのは勿論、暴力に訴えるのでは、非効率きわまりない矛盾。

 

 嘗て小説家の浅田次郎御大は言いました。

「言葉は諍うためにあるものではなく、諍いをせぬように神が猿どもに与え給うた叡智なのである」小学館文庫『つばさよつばさ』2009年、p.210)

 信長に「猿」と呼ばれた男は浅田御大の言葉通り、清須会議を以て、叡智の本分を証明したのでした。

 

 

 

清須会議 (幻冬舎文庫)

清須会議 (幻冬舎文庫)

 

清須会議 スタンダード・エディション [DVD]

清須会議 スタンダード・エディション [DVD]

 
いつもと違うノリに付き合ってくださり、有り難うございました。
洋泉さんの秀吉公は、お茶目な顔と策士の顔を併せ持ち、ほんとにハマり役ですよ。妻のおね役の中谷美紀さんも別嬪ですよ。
 

 

 

 

【告知】映画感想文を書きたい話

告知


 どうも、沙猫です。今日は大事なお話があって伺いました。

 ブログのネタについてのお話です。しっかり読みましょう。


 私ね、読書も大好きだけど、映画を見るのも好きなんですよ。色々語りたい映画とかあるんですよね、こぢんまりとした邦画とか、何年か前の大きな賞受賞作とか、好きな俳優が出る隠れた名作とか。

 そういうのについて、時々この場を借りて語らせてください。


 読書ブログだって事はわかります。だから、極力原作本があるやつにします。読んだ事の無い人も、見た事の無い人も楽しめるように。

(私はよく長編小説の代用で映画を見るので「読んだことない方」になりがちなんですが)

 お願いします。

 すなねこでした。

安部公房『壁』より「S・カルマ氏の犯罪」

 どうも、沙猫です。

 実は先日、知人達と小さな読書会に参戦して参りまして。今回はその折に紹介した私おすすめの一冊をば。五十年代に書かれた作品でありながら、現代の倫理・社会的諸問題にも通じるところのある、芥川賞を受賞した本。

 それでは聞いてください、安部公房で『壁』。


 他の芥川賞受賞作とはまた雰囲気を異にするこの本は、表題通り『壁』に関わりのある物語を集めた短編集です。収録作品は「S・カルマ氏の犯罪」「バベルの塔の狸」「赤い繭」……他数編。本稿ではこの中でも、「S・カルマ氏の犯罪」に着目してレビューを書く事とします。


……ある日S・カルマ氏は――いや、「彼」は酷く空虚な気持ちで目を覚ましました、それこそ何でも吸い込めそうなくらい、胸がうつろなのです。そればかりではありません、自分の名前が思い出せないのです。

 彼がオフィスで見たものは、彼の名をうばって働く「名刺」。そしてそのせいで大きくなる一方の胸の空洞。見る者全てを取り込もうとするからっぽな胸のせいで、彼は謎の裁判にかけられます。しかし名前を名刺にうばわれたために判決が下らず、永遠の犯罪人として見張られ続ける羽目に。

 更に名刺につづき自我を持った道具たちが彼に反発しだし、彼は打開策を求めて『世界の果』に関するセミナーに向かいます……



※以下甚だしいネタバレです。御注意。



 私は先ほど、「現代の倫理・社会的諸問題にも通じるところのある」と申しました。

 何の問題かですって。AIですよ。IoTですよ。Artificial Inteligenceと、Internet of Thingsですよ。

 これを象徴するのが作中で「彼」に反発する道具、そしてそれらが掲げるスローガン「死んだ有機物から 生きている無機物へ!」(p.71)です。


 思い起こせば技術が無慈悲な発達を遂げるにつれ、人間自身が使う力の量はどんどん減ってゆきました。

 布地1反作るにしたって、嘗ては綿花の収穫から糸紡ぎ、機織りまで独りでやっていたのです。産業革命のお陰で、いっぺんに沢山作れるようにはなったものの、綿花を育てる者、糸を紡ぐ者、機を織る者……これさえできれば誰だって構わんと、単純作業、それを黙々とこなす部分品「労働者」のお出ましであります。

 そして更なる効率化の為に、工場に送り込まれた機械たち……世界史をお勉強なさったお方なら、失業者の「ラダイト運動」の顛末は思い出すに難くありますまい。

 そして今、人工知能(AI)を埋め込まれた機械、ロボット、はたまた家財道具がやってきて(洗濯物自動畳み機なんてあるんですよ!)、ここに次なる産業革命が幕を開けようとしております。


『S・カルマ氏の犯罪』本文を思い起こしてみましょう。

 彼に変わって仕事をする名刺のシーン――今の世の中、単純作業に耐えられる者なら誰だって、それこそ機械だって構わない。S・カルマ氏のポストを埋める者なら誰でも――このシーンは機械労働における人間の無意味さを意味するのでしょう。

 そうなると人間は、ただいるだけの「死んだ有機物」も同然です。だって実際に仕事をしているのは無機物なんだから。だから「生きている無機物」。

 自動運転、インテリジェントハウスときて、洗濯物まで無機物に畳まれるときたら、私達はどこでその能力を自在に発揮できましょう。無論、ネット世界、対人サービス業……人間それぞれの心の中に隠された、「世界の果の曠野」でしょう。機械の力も人の心までには(今は)及びませんから。


 生きている無機物が死んだ有機物に代わり労働する今、「有機物」たちは曠野にふみいり、人の心の黒い扉を叩く。これが芥川賞作家の予言だと私は考えます。

 2045年には「シンギュラリティ」といって、無機物の知能が人間を上回る日が訪れます。死んだ有機物は、今度こそ完全に死んでしまうのでしょうかね。


壁 (1954年) (角川文庫)

壁 (1954年) (角川文庫)


生きている無機物の中でも、幸せに働けたらそれが一番ですよね。

すなねこでした。